50代からの家造り・・・まるごとリノベーション

こんにちは、50代からの家づくり・・・まるごとリノベーションの広告です。子育てから少し手の離れた50代、仕事的にも落ち着きの出てくる50代。仕事に明け暮れた何十年かを振り返り、今度は自分の人生の楽しみの時間。私たちは、そんな安心で安全な50代からの暮らしにわしい家造りを設計から施工まで自社施工によりお手伝いいたします。住まいの再生・・まるごとリノベーション、パックプラン・・お気軽にご相談ください。

(株)コスモテック

http://cosmo-corp.com/index.html

コスモテック0824.indd

木部あく洗い

大橋です(^o^)

現在進行中の現場で盆明けから

和室の木部 柱 鴨居 敷居など 木部のあく洗い工事をしました。

木部のあく洗いってのは

木部に長年染みこんだ  日焼け しみ 汚れ を 薬剤を使ってきれいにし

リフレッシュします!!

この現場の和室は 雨漏りがあったので雨染みもところどころあり 汚れもあったので

この機会にどうですか? ってお客様に提案し 今回工事することになりました。

これは洗い前の写真

雨染みがかなり ひどい (-_-;)

DSC08657

施工中

刷毛で薬剤を塗って 汚れを浮かして除去します

DSC08655

工事後

DSC08666

雨染みと 日焼け がなくなり  木の質感が蘇って キレイ!!

お客様も 洗いを して よかった と おしゃってました。(^^)

壁も塗り替えるので  和室が蘇るのが 今から楽しみ ですね (^^)/

 

京都 で木の家 建てるなら

(株)コスモテック

http://cosmo-corp.com/index.html

 

外壁焼きスギ板貼り

大橋です。(^^)

毎日暑い(T_T) 現場に立っているだけで汗が噴き出ててサウナ状態・・・・

皆さんも熱中症気をつけて下さい。

 

現在進行中の現場は 外壁の一部に焼きスギの板を張っています。DSC08618

焼きスギ板は表面を炭化させることで 延焼させにくくし 雨風に対する耐候性をもたせます。

また 国産材を使った 天然のスギなので 匂いや経年変化による色合いの変化も楽しめます。(^o^)

本物志向の方には  オススメ!!

そして今 当社が取り組んでいる  木材利用ポイント が利用できるので  お得!!

外壁に国産の材料を使うと 10㎡ごと 1.5万ポイントがつくので そのポイントを使って

商品券などに交換できます。

 

この物件では 木材利用ポイントを使用して

外壁に 焼きスギ   内部の床 にスギのフローリングを張る予定です。

 

木材利用ポイント の詳しくは 当社 大橋 まで (^o^)

京都 山科で 国産材利用したリフォームは

(株)コスモテック

http://cosmo-corp.com/index.html

 

だだいま 木工事中~断熱

大橋です(^o^)

今回リフォームする部分の天井・壁・床をめくったところ

断熱は入っていませんでした。  天井にはなくてカビた断熱が屋根の裏にありましたが・・・・・・

断熱がなけりゃ 夏暑く 冬は寒~い(-_-;)

断熱の役目って?

夏は

日中の暑い熱が室内に入りにくく

冬は

室内の暖められた熱が逃げにくく (保温性が高い)

また

熱の出入りがゆるやかなら 結露が起こりにくくなります。

熱が逃げにくいなら 冷暖房のエネルギーも少なくなり 省エネ!!

そう思うと断熱ってすごく重要ですね (^^)

 

断熱が大事とわかっていても 現場の施工方法が間違っていたら・・・・

壁の中の断熱に湿気が貯まってが結露が発生する可能性ある

ので 現場では 断熱 断熱  断熱叫びながら(笑)

と 徹底的に断熱する意味 施工方法を 現場で  説明しています。

DSC08621DSC08575

壁一面に隙間なく断熱材を充填して 断熱材の表面のシート(気密シート)を施工上切った場合は 黒色のテープで貼り

床も同様で断熱の切った隙間をテープで気密

排水管の立ち上げて断熱を切った隙間は シュー と発泡ウレタンで吹付

DSC08583

間仕切(内部の壁)はこのように 「気流止」 といって床下からの冷気が壁の中に入ってこないよう木材や断熱材で防ぐ。

 

(暖房の効きが良くなる)

てな 具合で 断熱施工を行っています。

 

京都 山科 での断熱改修 パッシブデザイン住宅

(株)コスモテック

http://cosmo-corp.com/index.html

 

鴨川建築塾

大橋です。(^o^)

先週の土曜日に鴨川建築塾に行きました。

木造住宅の設計力を養う学校です。 いろんな建物を見に行ったあと

有名な建築家の人が先生となり設計の話が聞けるので 僕にとって大変貴重な時間です。

実は 今年で 3年目です(^_^;)

今年一年は 京都の建築家 横内 敏人 が先生です。

一年かけて実際の土地に設計をして模型や構造を考えて一つの家を

作り上げて行きます。

 

 

今取り組んでいる パッシブデザインを取り入れた住宅を設計してこっ(^^)/ !!

大橋・PLAN1.パース

大橋・PLAN1パース2

上のパースは 今回発表した PLAN です。

まだまだ

 

(株)コスモテック

http://cosmo-corp.com/index.html

 

 

リフォーム進行中! 耐震

大橋です。(^o^)

現在木工事進行中です。

お風呂と洗面とトイレを新規で入れ替えるので木造の躯体だけ

なるのでここで一緒に耐震と断熱補強を考えています。

断熱が大切ということは 前にも書きましたが、

家の耐震も重要です。

いくら設備機器を新しく入れ換えても 家そのものが倒壊していまったら意味がないから

耐震のことも 考えなくてはいけませんよね。

20~30年前の現場は構造金物を使用してなかったり、筋交い(地震の揺れに耐える部材)を切ったり 欠き込んだり としている家が多々あります。

今では信じられませんが 当時は耐震の意識が低かったのかな??

今住宅の耐震 耐震 と言われている中 恐ろしいことですね。(-_-;)

 

実はココの家も 筋交いが途中で切れていたり 壁の下地の為 欠き があったりしていたので 補強しました。

DSC08567

上の写真は既存の筋交に金物取付した写真

DSC08573

土台を入れ替えて既存の土台と金物で継いだ写真

皆さんも水廻りをリフォームするときは耐震のことも一緒に考えてみて!!

 

今度は現場の断熱のはなしでもしよっかな

京都 山科で耐震補強工事

(株)コスモテック

http://cosmo-corp.com/index.html